放送局から取材申し込み

なかなか春の兆しが見えませんが、鳥達には春近しを感じるのでしょうかオスの鳴き声に反応して交尾姿勢をとるメスもいます。
まだ、繁殖計画も立てていませんが、もっぱら巣引きに備えて健康作りをしています。
画像

数日前、県内の放送局『信越放送』から、ローラーカナリアの鳴き声を収録したいので取材させてほしいと申し出がありました。
我が家では、京都大会が終ったらすぐに雑居籠に移してしまい、大会前のような訓練はしていませんので、果たして鳴いてくれるかが心配です。早速、昨日、個だてにしてみましたが、明日2月23日までに間に合うかどうかわかりません。鳥が鳴かないで親父が泣いたなんてことのないようにしたいのですが~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

アトリ
2018年02月23日 07:30
こんにちは、素晴らしい事ですね、私は卵に聴かせるため未だ訓練籠に数羽入れてます。放映京都で拝見出来ないですかね!
管理人
2018年02月23日 08:30
アトリさん おはようございます!
コメントいただきありがとうございます。
担当のアナウサーから、携帯で取材要請が入っただけでどんなことをするのか全く分かりません。
ローカル放送ですから、勿論、京都では無理だと思います。
メソ
2018年02月25日 11:08
収録の結果はいかがでしたか?プロが残してくれた音源が入手できるなんてラッキーではありませんか?私もたまに録音するのですがその後の編集とかが難しくて結局活用まではいきません。
管理人
2018年02月25日 15:47
メソさんこんにちは!
コメントいただきありがとうございます。
国際大会の公開審査のように、1羽の鳴き声を収録してくれるのならいいのですが、たくさんの鳴き声が入っていて、あたかもローラーカナリア交響楽団みたいでした。

この記事へのトラックバック