ローラーカナリアに魅せられて 老獣医師の挑戦

アクセスカウンタ

zoom RSS 高野鷹蔵氏の著書より

<<   作成日時 : 2017/02/03 12:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

 直接の訓練効果ではないが、或る人の鳥に良いものが多く出来るようになるには、その人の全所有鳥の恐らく半分とか、三分の二とかの鳥の素質が良くなることが必要で、そうなると全体の上昇率は極めてよく、ぐんぐんと伸びてくる。つまり全ストックの過半の鳥が良くなると、それにつられてめきめきと他の鳥も良くなっていくものである。
 これは勿論全血統もよくなるから、それに周囲の鳥による自然的の訓練が行われるもので上昇率が大となるものと思う。
 だからローラー飼いに着手してすぐ名作家になることは中々困難であり、その間三年、五年、十年、幾年かの努力を必要かは断言できないが、不断の努力と研究を必要とする所以である。
 以上は、わが国のローラーの父高野鷹蔵氏の著書『ローラーカナリア』の中の『鳴かせ方と訓練法』から原文のまま抜粋したものです。
 私も常のこの言葉を肝に銘じ、研究と血統の向上を目指して努力していきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ブログいつも拝見させて頂いております。
今年は里親募集される予定はございませんか?
突然、ぶしつけなコメントですいません。
遠い北海道の者なのですが、去年愛鳥を亡くし募集の記事がでないかしらと伺ってました。
さこ
2017/02/07 06:22
さこさん おはようございます!
拙いブログですが、いつも覗いていただきありがとうございます。
今年は、残念ですが全て出払ってしまい種禽だけになってしまいました。それに、北海道まではローラーを送る手段がありません。愛鳥を亡くされてお寂しいことでしょう。お察しします。北海道にも熱心なローラー愛好者がいますのでもしよろしければご紹介しましょうか。私のメールアドレスは変わっていませんのでメールしてください。
管理人
2017/02/07 08:36
こんばんは!交配準備は万端でしょうか?
以前ブログでカルマックスを紹介されてましたが私も一度購入しぼちぼち交配に向け購入しようとネットで探しましたがあの商品が見つかりません。ご存じでしょうか?
アトリ
2017/02/17 22:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
高野鷹蔵氏の著書より ローラーカナリアに魅せられて 老獣医師の挑戦/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる