女の子誕生

我が家では、今まで3代にわたって生まれてくる子は男の子ばかりでしたが、今年の9月に113年振りに女の子が誕生しました。
我が家で最後に女の子が生まれたのは明治38年でした。
私の兄弟も、私の子供たちも孫たちも男ばかりです。
画像


こういうことはローラーカナリアの世界にもありますよね。
跡取りを残したいと期待しているペアが、メスが生まれなくて血統を絶やしてしまったり、オスが生まれなくてどんな鳴きなのかも聴くことができなかったりします。

男の子(♂)が生まれるか、女の子(♀)が生まれるかは人間の手の届かない神様の領域ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

メソ
2018年11月14日 21:19
113年ぶりの女の子っていうところがすごいですね。皆の期待を背負ってねこっ可愛がりされるんでしようね⁉おめでとうございます!
管理人
2018年11月16日 14:56
メソさん こんにちは!
コメントいただきありがとうございます。
長いこと、我が家の家の中には地味でダサい男物ばかりでしたが、赤やピンクの可愛い女の子のものが入ると、俄然、家の中が華やぐものですね。
メソ
2019年02月03日 20:51
優秀な成績の鳥の声を聴いてお孫さんはすくすくとお育ちの事と思います。ブログ更新お待ちしていますよ。

この記事へのトラックバック