マスコミの力

画像
 今年の夏は雨が少なくて木の葉は枯葉になってしまい綺麗な紅葉になりませんでした。


 カナリアといえば、甲高い鳴き声の色カナリヤを想い描く人が多く、ローラーカナリアをみて「これがカナリア?…」という人が.結構います。残念ですがローラーカナリアはマイナーな存在です。あの低音で複雑な鳴き声の魅力にはまる人は少ないですね。
 でも、今年の春先、我が家のローラーカナリアのことが当地の新聞で紹介され、その鳴き声がラジオ放送され、遂には、テレビ放映されたことが話題になり、そんなカナリアなら是非飼ってみたいと興味を持たれた方が今年6名倶楽部会員になっていただきました。
 当倶楽部は、会員が高齢のために廃業したり、体調を崩してローラーが飼えなくなりで会員数が年々減少してしまい、会の存続も危ぶまれていた矢先でしたので、会員が増えたことは何より助かりました。
 連盟の会員数も年々減少しているようですが、知恵を絞ってマスコミの力を借りて会員増員運動をしてみるのもいいかもしれませんね。

ブログ再開します

前回7月に『ナンバーツーの落鳥』を出してから、しばらく夏休みをしていましたが、とんでもなく長い休暇なってしまいました。
拙いブログですが、いつも覗いてくださっている方々から「もうブログ出すのをやめたのか?」とか「体調が悪いのか?」とご心配をお掛けしてしまいました。
本当にありがたいことです。体調はいたって快調です。

今年の夏は、日本列島がフライパンに載せられたような猛暑が続き体調を崩す子もいたり、特に、年寄りたちは落鳥するものもありました。(2006年生まれの長老は元気に暑さを耐え抜きました)
そんな中でも若鳥たちは元気に育って若オス21羽が10月20日に歌節訓練に入りました。
これからの地獄の特訓に耐え抜いて国際コンテストで3年連続首席が取れるようないい鳴きの子になってほしいものです。
画像
           訓練箱の若鳥たち
画像
           メス鳥達は雑居籠で養生