ローラーカナリアに魅せられて 老獣医師の挑戦

アクセスカウンタ

zoom RSS 食卵癖は致命傷

<<   作成日時 : 2017/04/07 14:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

画像

春の訪れの遅い当地でも、庭に『おきなぐさ』の花が咲きました。

昨日、ローラーの愛好家から『オスが卵を食べてしまうがどうすればよいか』という相談の電話がありました。
これは『食卵癖』といって、種禽には致命傷です。
オスもメスでも食卵癖になりますが、特に、メスは自分で産んだ卵を食べてしまいますので救いようがありません。二重底の巣皿を作って、産み落ちした卵を下の巣皿で受け取るという方法を聞いたことがありますが、余程、大事な鳥でなければ種禽を諦めた方がよさそうです。
オスの場合には、昼間はメスと一緒にしておいても翌朝の産卵時間にはオスを別居させておけば卵を食べられることからは免れます。勿論、抱卵に入ったらオスを離してしまわないと駄目ですけど。

食卵癖は、割れた卵を口にすることから始まります。
飼い主は、常に管理を徹底していれば防げますので、食卵癖の鳥が出たら、それは飼い主の管理の怠慢として恥じるべきです。
また、食卵癖の鳥を承知で他人に譲渡したり売ったりするブリーダーがいたとしたら人格を疑ってしまいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時

食卵癖の鳥が出たら、それは飼い主の管理の怠慢として恥じるべきです?、抱卵中に雄が交尾しようとして卵が割れて、足に卵がついてしまい、それを舐めて食卵を簡単に覚えてしまう鳥も結構いますよ、仕方ない事と思います。飼い主の皆さんは自分をそんなに責めないでください。完璧な人はおりません。
また、食卵癖の鳥を承知で他人に譲渡したり売ったりするブリーダーがいたとしたら人格を疑ってしまいます?ローラー愛好家の人に悪い人は全くおりません僕の知る限りでは。
ローラー
2017/04/20 21:14
食卵癖、なんてすが、私の経験から言うと、鳥の体調にもよると思われます、体調の悪い鳥が卵を食べた後に体調が良くなりその後卵を食べなくなる鳥もいます、体調の悪い鳥には前もって卵の黄身の粉を与えておくのも食卵癖の鳥を防ぐ予防策だと思われます。
ポチ
2017/04/26 07:22
ローラーさん、ポチさん コメントありがとうございます。
生き物を飼っていると、思わぬことがあるものですね。
私も、初心者の頃、食卵癖のメスに遭遇し難儀しました。オスなら巣引きをさせなくても鳴きを楽しめますが、メスだったので何年も無駄飼いしました。
管理人
2017/04/26 11:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
食卵癖は致命傷 ローラーカナリアに魅せられて 老獣医師の挑戦/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる