アクセスカウンタ

<<  2017年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


日和見感染

2017/01/17 11:12
全国的にインフルエンザが流行っています。
インフルエンザウイルスは、いたるところに存在しますが、すべての人が感染発病することはありません。
体調を崩したり、体力が落ちて抵抗力が弱くなったりしたときに発病します。
これが日和見感染(ひよりみかんせん)です。

国際大会前夜祭の懇親会に参加しました。
大勢のローラー愛好家と交流を深める中で、「最近、寒くなってきたら突然落鳥(鳥が死んでしまうこと)するんだがなぜだろうか」という質問をたくさんいただきました。
落鳥の原因は、死骸を確認していないので軽々には申し上げられませんが、ほとんどは日和見感染症が多いと思われます。ローラーは、病気の原因になるウイルスや細菌、真菌(カビ)、原虫(トリコモナスなど)など多くの病原菌に晒されています。冬の厳しい寒さ、夏の猛暑、巣引きの終わった時期などの抵抗力が弱ったときに発症して落鳥してしまいます。これが日和見感染です。
鳥は、病気に罹っていても症状を表しません。症状が出てきたときには末期症状です。(天敵から身を守る本能)

ローラーを落鳥から守るためには、普段の飼養管理が大切です。
厳しい寒さから身を守ってやったり、餌を強めにしてやったりして抵抗力を落とさないように管理してあげましょう。
また、動物病院で健康診断をしてもらったり、病原菌が見つかれば抗菌剤や抗原虫剤などを投薬してもらいます。

ひとつ大事なことは、病院などで病原菌に感染が認められて加療しても、飼養環境が改善されなければまた再発します。気嚢ダニや細菌、原虫感染症が見つかったら罹患している鳥ばかりでなく禽舎にいるすべての鳥に一斉に投薬します。併せて、禽舎や食器類などすべてを消毒することが大事です。
ローラーは比較的丈夫な鳥ですので、落鳥することは少ないのですが、続けて落鳥するようでしたら禽舎の消毒と一斉加療をお勧めします。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4


バンザ〜イ!!

2017/01/09 14:52
画像

1月8日 京都で国際ローラーカナリークラブのコンテストが行われました。
我が家からは、親鳥と若鳥併せて7羽出品しました。
結果は、思いもよらない好成績の評価をいただき、親鳥の部で首席(8−73)、若鳥の部では首席と次席(2羽とも8−75)をいただきました。
しかも、京都市長賞までいただいてしまいました。
入賞できなかった子たちも、8−73、7°ー71、7°ー70(2羽)と善戦してくれました。
過去、5回も次席に泣いてきましたが、これで、シルバーメダルコレクターの汚名が返上できました。
記事へナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 20


いざ出陣!!

2017/01/06 13:40
画像


国際ローラーカナリークラブのコンテストが1月7・8日京都長岡京市で行われます。
我が家からは、若鳥の部6羽 親鳥の部1羽を出品します。
過去の成績は、次席5回参席3回とイマイチその上のメダルに届きません。
今年こそシルバーメダルコレクターの汚名を返上してゴールドメダルをゲットしたいものです。とはいっても、鳴くのはローラーたちで親父が泣くのは新幹線の中での悔し涙です。
12月6日に当俱楽部のコンテストがあってから1ヶ月が経ちました。その間に、歌節に狂いが生じてしまったもの、また逆に鳴きがよくなったものなど随分様変わりしました。
多少歌節に狂いが出た子を京都へ連れていくか置いていくか悩むところですが、10月初旬から地獄の特訓に耐えた子たちですので少し鳴きが狂ったものも京都へ連れて行ってやることにしました。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1


<<  2017年1月のブログ記事  >> 

トップへ

ローラーカナリアに魅せられて 老獣医師の挑戦 2017年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる